空間デザイナー、ときどき所長のブログ。

仕事を頑張れるのは結局人のためだ。

出会いは不思議なもので、自然と同じような考えや価値観を持っている人と会話することが多いなぁと感じる今日この頃。

 

これが引き寄せなのか、環境なのかは分かりませんが、たぶん世の中”類友”はあながち間違ってないのかもしれません。

 

昨日は、新しい職場で出会った友達が、まだ出会って数か月なのだけど、新しい道に進むということでお別れの会とお互いの想いを語り合った1日でした。

 

最初は、私みたいな仕事観やスタイルとは正反対にいるような人だと思っていて、今まで仕事の話なんて一切してこなかったから、退職の話を聞いたときはきっと激務に疲れたのだろうと思っていました。

 

だけど彼女は、驚くほどに強い想いを持っていて。

夢を熱く語る彼女の姿を見ると、本当に一言一言、噛み締めて聞かなくてはならないと、聞く側も彼女の真剣さと同じくらい真面目に聞かなくてはならないと、そう感じた時間でした。

 

まさか彼女がこんなに熱い女性だったとは。口にするなんて簡単にできるし、むしろ口にするだけの人が多い世の中で、行動に移して逆境にも立ち向かおうとしてるなんて。

 

対話せずには気づけなかった一面でした。

 

勿論お互い道半ばだし、これからなんだけど、そうやって一歩ずつ行動してるということが今後の人生の財産になることは分かっていて。出来ないけどやってみることが大事なのも分かってる。

 

彼女の夢を心底応援するし、出来ることはなんでも力になりたい。だけど、この応援するよ、の一言すら安易に伝えてはいけないかもしれない。そんなことを思いながら、二人の時間を過ごしました。

 

 

f:id:categorywoman:20180815191241j:plain

 

 

振り返ると、私が死に物狂いで頑張っていたとき、なんであの時、私はあんなに頑張れていたんだろう?と思いました。

 

時間とか、何も気にしない。

気持ち悪いほど仕事にのめり込んで、狂気すらあったかもしれません(笑)

 

今は少し落ち着いて、焦らず、でも急いで自分がやりたい仕事を進めているけど

昔の自分こわかったかもなぁ。。

 

 

 

 

 

たぶん、私は勝手な使命感に溢れてて。

だけど、応援してくれる仲間がいて。

しかも、めちゃくちゃ応援してくれる仲間。

 

 

 

 

 

この人たちと勝ちにいかなきゃと思った。

クライアントに喜んで欲しいと思った。

業界にない新しい価値を生み出せば、業界内でもっと楽しく仕事できると思ったし、

みんなで盛り上げていきたかった。

オフィスデザインの世界を盛り上げていきたいなぁと。

 

 

 

 

 

私が仕事を頑張れるのは、結局人のためだ。

 

f:id:categorywoman:20180815190319j:plain

 

*asuka*