空間デザイナー、ときどき所長のブログ。

常識について考える。

社会が当たり前とする考え方があって、

上司が当たり前とする考え方もあって、

それに従う事が部下の役目なのだろうか?

 

 

 

 

仕事のやり方って様々だし、正解はない。

会社を飛び越えたら年齢も性別も関係なく、

専門分野のプロが集まってる。

 

 

 

 

自分の専門分野に対して

最大限力を発揮するパフォーマンスが仕事だし、

お客様への喜びと価値を提供して対価をもらってる。

 

 

 

仕事、してるよ。

大好きだから。

 

 

 

でも、自分の権利を利用して剛圧的に不愉快な態度を示してくる人が、仮に上司だとして。

 

そこに仕事内容は関係なかった場合…。

 

従う事が部下の役目ではないと思う。

 

 

 

 

それぞれの立場で支えあって会社がある以上、

理不尽な状況があったら

 

 

 

それは上司とか部下じゃなくて

 

 

 

人として意見をぶつけるべき。

 

 

 

 

 

上司だから、全てじゃないよね。

何でもあり、じゃないよね。

 

 

 

 

 

我慢することが出来ない自分を

責めてしまいそうになったけれど、

弱者だから、と負けてはいけないのだ。

 

 

 

 

間違いに立ち向かい、意見を述べることも

挑戦なんだ。

 

 

 

 

 

誰かが絶対な、グレーな暗黙の了解を破ることは

非常識なわけじゃない。

 

 

 

 

 

常識とは、根拠のない思い込みのようなもの。

 

 

 

 

私は、これからも

自分の信念を持って生きてたい。

 

 

f:id:categorywoman:20170603122114j:image

 

*asuka*