アスカテゴリー。

南青山で働くデザイナー、ときどき所長のブログ

 

富岡明日香のアスカテゴリー。

女性の意見から働き方改革プロジェクトを実践する方法!

オフィスデザインの仕事に

人生の9割を吹き込むわたしです。笑(おおげさ?)

 

 

 

いま社内のチームO(ただの上司の頭文字)は

名古屋に出向いております✨

 

 

 

何をしているかというと、

全国各地に拠点があるクライアント様の

「働き方改革プロジェクト」を担当しているのです!

 

 

 

働き方改革プロジェクトとは?

ちょっと固い…。

おじさんたちが頑張ってるやつ…。

 

 

 

なんてイメージもあるけど、ちょっと待って。

 

 

 

実は、オフィス空間を変えることで

「働き方改革」できるんです。

 

 

 

そうなってくると、

働く場所を使ってる私たち側の意見✨

大事になってくるんですよね。

 

 

だってお偉いさん達は

現場の状況をなかなか知らないんだから!

特に女性の気持ちなんて0%知らない!(1%くらい?)

 

 

 

 

制度ばかり作る人もいるけど

現場から変えられるなら、意見を言ったもんがちです✨

 

 

 

 

 

と、言うわけで、

どんな風にオフィスで働き方改革するの?

かご紹介します。

 

 

 

  • 会議室の利用時間
  • 会議室の利用頻度
  • 部署間のコミュニケーション具合
  • 部署外のコミュニケーション具合
  • 会議の種類
  • 会議の特性
  • 残業どのくらいしてるか
  • テレワークどのくらいしてるか
  • 理想の働き方は何だ
  • インタビュー

 

 

などなど

様々な視点を総合的に評価して

働き方をあぶりだす!!

 

そして空間で変えられる事/変えられない事

 

をあぶりだす!!

 

 

原因が分かったら変える!以上!

 

 

 

そんな感じです。

 

 

 

ですから、

うちの会社は仕事中休ませてくれないからWCで寝てる。

という今ドキでない環境は

「リフレッシュエリアがないと頭の切り替えが出来ない!」

と言って、オシャレなカフェスペースを作る方向へ持って行きましょう!!!

 

 

オフィスが殺風景でテンションあがらない。

という残念な環境は

「モチベーションが上がらないし採用もうまくいってません!」

と言って、毎日楽しくなるオフィスに投資をしてもらいましょう!!

 

 

 

 

 

改革というと、どうしても

自分には関係ない…。

と思ってしまいがちですが、

 

経営者側は働く女性たちのリアルな声を

めちゃくちゃ求めているのです✨

 

 

自分たちのプラスになるなら

動こうと思いますよね♬

 

 

そんな感じで、是非前向きに

働き方改革に良い口出しをしてあげてください。

 

 

 

 

私は今日も、そんな事を伝えに行きます。

 

f:id:categorywoman:20170227185150j:image

 

 

*asuka*