読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスカテゴリー。

20代起業女子のリアルなビジネスブログ

Re:design for Woman

富岡明日香のリアルなビジネスブログ

産業能率大学共催フォーラムの模様。

お仕事の話。

 

私たちが活動母体としているはたらく未来研究所は

調査研究を通して「はたらく未来」をより良くしようとしています。

 

第1回の調査は女性社員と経営者のギャップを測定。

詳しくはこちら↓↓

hatarakumirai.com

 

そして第2回目の今回は、

産業能率大学さまと共同調査を実施しました!

 

先日、調査報告も兼ねてフォーラムを開催。

無事に終了したので当日の様子をお届けします★

 

 

テーマ「多様な人材がイキイキと働ける職場とは」

第1部:Yahoo!株式会社

「女性がイキイキと働ける職場環境と人事制度」

第2部:はたらく未来研究所

ダイバーシティ調査から見えてきたこれからのはたらく環境」

第3部:産業能率大学

「質の高いつながりを育む、ポジティブな関係性のある職場づくり」

 

 

はた研として初めてのフォーラム開催に

集客や当日の案内、準備などドキドキしておりましたが

125名満員御礼となりました(>_<)感激。

 

 

みんなで集合写真もばっちり。

f:id:categorywoman:20161116161858j:plain

 

会場は産業能率大学の代官山キャンパスで、

紅葉がとても美しく、、

参加者の方々もきっとリラックスできたと思います。

 

当日私たちは11:00に会場入りし

投影資料を修正したり、おにぎりを食べたり笑

バタバタしていたのですが

大学さま側の素晴らしい協力体制に脱帽しておりました。

 

 

f:id:categorywoman:20161116161413j:plain

 

 

今回のフォーラムを開催した背景についても

少し触れてみようと思います。

 

 

「はたらく」という要素において

働き方や働く環境はここ数年でとても変化してきました。

柔軟に対応できている企業も

まだ従来の考え方が根付いている企業も

どちらの視点からも「課題」が多いというのが現状ではないでしょうか。

 

年齢や性別はもとより、雇用形態や就業形態の違い、

異なる価値観や個性に対する考え方など

さまざまな人材がコラボレーションしていくことが求められています。

 

しかし実際は、働く女性が出産を機に辞めてしまったり

1日の大半を過ごす職場環境が働きにくかったり

仕事を楽しんでいない人が多かったり

なかなか「はたらく」をポジティブに捉えられる事が難しい。

 

 

みんなが活躍するにはどうすればいいの?

みんなハッピーに働くにはどうすればいいの?

 

 

そんな問題を少しでも一歩前に進めるために

今回の調査が実現しました。

 

多様な人材がイキイキと働ける環境づくりに

はたらく「人」を考える人事の方々。

はたらく「場所」を考える総務の方々。

 

人事と総務の横のつながりができればできるほど

イキイキ度はあがっていくのです!

 

そんな事をお伝えできる場が実現でき、

本当に嬉しく思っています。

 

 

この場をお借りして

 

 

調査設計をはじめフォーラムの案内、会場提供、実施準備などなどご尽力頂いた産業能率大学の皆さま。

基調講演の依頼を快く引き受けてくださったヤフー齋藤様。

はた研の活動を支えてくださっている皆さま。

そしてご多忙の中足を運んでくださった皆さまに

心より御礼を申し上げます!!

 

私個人ができることなんて本当にちっぽけなのですが、

(むしろ未熟すぎてお恥ずかしいのですが)

想いを伝えていく事はこれからも続けて行きたいと思います。

 

 

そんな活動報告でした♪

 

 

*asuka*