読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスカテゴリー。

南青山で働くデザイナー、ときどき所長のブログ

 

富岡明日香のアスカテゴリー。

女性の宿命。

働く女性がイキイキする事を目指して、日々活動をしています。

 

自分の専門がオフィスデザインだからこそ、働く場所から変えられる事はなにか。

働き方改革を受け止めるオフィスデザインとはなにか。

場所だけでなく、会社の制度のこと、女性活躍が進んでいる企業へのインタビュー取材、ポジティブ組織論の勉強なども重ねていて、

日々が吸収の宝庫です。

 

 

そこで必ずや出る話が

女性のライフステージについて。

 

 

男性は長距離走。

女性は短距離走

 

 

バリバリ仕事をしていた人も

出産、育児が目の前に現れると

価値観がガラッと変わるていう話。

 

 

 

 

私自身はというと、きっと、ずっと、焦っていました。

自分の命に変えてでも愛おしい子供ができた時は、きっと仕事をセーブするのだろう。

だからこそそれまでに、

うーん30歳くらいまでに、

成功しなければならない。

結果を残さなければならない。

社会復帰できる術を身につけてなければならない。

ならない、ならない、ならないのだ!

 

 

 

誰に何を言われたわけでもなく、

ただただ自分の見え隠れした空想のなかで、

もがき苦しむ時間の制限を感じては

周囲の環境を当てはめ比較していました。

 

 

 

あの人は仕事が大事ではないんだ、と。

あの人は仕事がすべてなのだろう、と。

 

 

 

あの人って誰なんだ。

 

 

 

ひとりで勝手な解釈をしていたのかもしれません。

 

 

 

でもぶっちゃけ、そんなのナンセンスだと頭では分かっているものの

とは言え、そんな考え方もあるだろうだと思っている自分がいて。

 

 

どんなに仕事が一番だと思っていても

子供ができたら180度変わるかもしれないし

逆に全く変わらないかもしれない。

未来はわからない。

 

 

今言えることは、

とりあえず等身大に焦っていることは間違いなくて、

早く結果を出さなきゃいけないのだと、

時に残酷に空回りしている気もします。

 

 

みんな同じくらい不安だよね。

女性の気持ち、もっとわかってよ。

 

 

親として、社会人として、上司として、

完璧な私でいたいと思えば思うほど、

現実とのギャップに苦しくなっていく。

 

今日もこれできなかったなぁ、とか。

想像でき過ぎてこわい。

 

 

 

きっと色々な選択肢があると思うけど、

私はやっぱり早く結果を残したい。

出産しても仕事のやり方いっぱいあるって知ってるけど、

焦るなと言われても難しいかな。

 

 

  

でも比較するのは違うなって思いました。

価値観はそれぞれだからね。

 

 

 

そんな女性の宿命を感じた日。

 

 

 

f:id:categorywoman:20161014000024j:image

 

 

 

時間は限られてるからね。

大事なのはゴールを設定すること。

 

 

*asuka*